Apple、初めて日本で資金を調達へ ー 調達額は2,000億円規模に

本日、日本経済新聞が、Appleが初めて日本で資金を調達する事が分かったと報じています。

apple-sign-sky
Appleは5月上旬から地銀や生命保険など複数の機関投資家を対象に社債の需要調査を始めており、その調達額は2,000億円規模になる可能性が高く、自社株買いなど株主還元の原資に使う方針で、一部を日本事業の拡大に振り向ける可能性もあるとのこと。

なお、Appleは最近は金利が低い地域に調達先を分散しており、昨年以降、ユーロ建て債で約4000億円、スイスフラン建て債で約1600億円を発行しているそうです。

[Thanks! SKさん]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事