Apple、米フォーブス誌のブランド価値ランキングで5年連続で1位を獲得 ー 日本からは7つのブランドがランクイン

本日、米フォーブス誌が、「The World’s Most Valuable Brands」(世界で最も価値のあるブランドランキング)の2015年度版を公開し、Appleがブランド価値1453億ドル(約17.2兆円)で5年連続で1位を獲得した事が分かりました。

AppleStorefifthave
トップ5は、前年と同じく2位がMicrosoft、3位がGoogle、4位はコカコーラ、5位はIBMとなっており、IT系では7位にSamsung(前年8位)、10位にFacebook(前年18位)などがランクインしています。

また、日本企業では、8位にトヨタ(前年9位)、23位にホンダ(前年20位)、66位にレクサス(前年73位)、73位にキャノン(前年67位)、75位に日産自動車(前年68位)、79位にソニー、93位にパナソニックがランクインしています。

ランキングには15カ国のブランドがランクインしており、国別でみると米国が大半で、続いてドイツが9件、日本が7件、フランスが7件と、日本は去年の5件より増加しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事