Apple、「WWDC15」では自撮り棒の使用を禁止

本日、Appleが現地時間の6月8日より「WWDC15」を開催する事を発表しましたが、同社が同イベントの出席者に対し自撮り棒の使用を禁止する事を案内している事が分かりました。

09-1423476552-newyorkmuseumsofficiallybanselfiesticks
Appleは「WWDC15」の公式サイトの「Registration and Attendance Policy(登録と出席についての規則)」の項目の中で、自撮り棒の使用を禁止する事を案内しており、同じような一脚もダメとのことで、違反していた場合は会場から追い出されるようです。

なお、「WWDC」では写真撮影や録音、喫煙が禁止されています。
(基調講演を除く)

 ・WWDC15

[via GIZBIT

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事