新型「MacBook」のCTOモデルのベンチマークスコアも明らかに

先日、4月10日に発売される新型「MacBook」のエントリーモデルのGeekbenchのベンチマークスコアが明らかになりましたが、今度はCTOでCPUをアップグレードした1.3GHzモデルの各種ベンチマークスコアが明らかになりました。

185b2900-s

ベンチマークスコアを公開したのはウクライナのDmitry Lebedev氏で、ルートは不明なものの、フライングで同製品を入手した模様。

GeekBenchのベンチマークスコアは、シングルコアで”2831″、マルチコアで”5567″で、先日に明らかになった1.1GHzモデルに比べ、シングルコアで約47%、マルチコアで約37%上昇しており、このスコアは「MacBook Air (Mid 2013)」のCore i7モデルと同等のスコアとなっています。

GeekBenchは主にCPUの性能のみを測定するベンチマークで、ネタ元のAppleちゃんねるでは、「MacBook Air」の旧モデルとの比較表も公開しているので、是非ご覧ください。

[via Appleちゃんねる, Photo Credit:Dmitry Lebedev

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。