Apple、「WWDC 2015」では「iOS 8.4」と共にミュージックアプリの刷新や新しい音楽ストリーミングサービスなどを発表か

本日、The New York Timesが、情報筋の話として、AppleはSpotifyのような定額制の音楽ストリーミングサービスを導入するべく、Beatsの幹部やエンジニアらと協力しているようだと報じています。

t_iTunes12
Appleはデジタルミュージックサービスの全面的な刷新を進めており、予てから噂されていた「ミュージック」アプリの刷新にはBeatsのチーフクリエイティブオフィサーであるTrent Reznor氏が大きく関わっている事が分かりました。

また、新しいミュージックサービスはコードネームは「Copper」と呼ばれる「iOS 8.4」の一部としてテストされており、美しいデザインやキュレーションプレイリスト、鮮やかな視覚効果などが特徴となるようで、他にも同社はiTunes Radioの強化も計画しており、この計画には先日にAppleへの入社が報じられたイギリスのラジオ番組「BBC Radio 1」の元DJであるZane Lowe(ゼーン・ロウ)氏が関わっているものとみられています。

なお、前述したコードネーム「Copper」はコロラド州にあるスキーリゾートの名称で、「iOS 8.4」のコードネームであり、「WWDC 2015」で発表されるものと予想されています。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事