ジャパンディスプレイの新工場建設にAppleが資金提供か ー Appleは「決定した事実はない」とコメント

本日、日刊工業新聞が、ジャパンディスプレイが米Appleの要請を受け、「iPhone」などに搭載する中小型液晶パネルの新工場を建設する検討を進めていることが分かったと報じています。

apple-sign-sky

立地場所は石川県で、2016年に稼働する計画で、2,000億円超と見られる総投資額の多くをAppleが負担する枠組みで最終調整しており、パネルはAppleに優先供給するものの専用の工場にはならないそうです。

ただ、Appleは台湾・鴻海グループ(Foxconnなど)とも交渉しており、パートナーがジャパンディスプレイに決まるかは流動的とのことで、ITmediaによると、Appleはこの報道について、「当社から発表したものではなく、決定した事実はない」とのコメントを明らかにしたそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。