米TIME誌、「Person of the Year」の最終候補を発表 − Appleのティム・クックCEOなどが選出

MacRumorsによると、米TIME誌が、毎年恒例の「Person of the Year」(今年の人)の最終候補者を発表し、Appleのティム・クックCEOが最終候補者に残った事が分かりました。
timepersonoftheyear2014 「Person of the Year」は、その年に最も影響力のあった人物を選出するもので、去年は第266代ローマ教皇フランシスコ、2012年はバラク・オバマ米大統領が受賞しています。

なお、今年の「Person of the Year」の最終候補は下記の通り。

・ファーガソンの抗議者
・エボラの介護者
・ウラジーミル・プーチン(ロシア連邦大統領)
・テイラー・スウィフト(歌手)
・ジャック・マー(アリババ社の創業者・会長)
・ティム・クック(AppleのCEO)
・マスード・バルザニ(クルド人自治政府議長)
・ロジャー・グッデル(NFLのコミッショナー)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事