Appleのティム・クックCEO、「ゲイであることを誇りに思う」

ブルームバークによると、Appleのティム・クックCEOが、「ゲイであることを誇りに思う」と述べ、自身がゲイである事を初めて公式に明らかにしました。
TimCook-ID1562-51391 同氏はBloomberg Businessweekのインタビューにおいて、「私はゲイであることを誇りに思っている。ゲイであることは、神が私に与えた最高の賜物の一つだと考えている。」と述べ、同氏がゲイではないかとの噂は以前からありましたが、今回初めて公言した事になります。

なお、同氏は、AppleのCEOである自身がゲイである事を明らかにする事により、同じ事で苦しんでいる人々に勇気を与えたり、孤独を感じている人に安楽を与える事が出来るのであれば、自分のプライバシーを犠牲にする価値があると判断し、カミングアウトしたそうです。

[via gori.me

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事