Appleのウェアラブルデバイスは「iOS」ベースで、サードーパーティ製アプリを起動可能

9 to 5 Macが、デバイスに精通した2人の関係筋の話として、Appleのウェアラブルデバイスは「iOS」ベースで、サードパーティ製アプリを起動可能である事が分かったと報じています。
15079965321_86fb651df8_o
「iPhone/iPad」アプリの知名度が高いごく一部のSNS及びサービスデベロッパー(TwitterやFacebookなど?)には、既に厳しい機密保持契約の下でウェアラブルデバイスの為のSDK(ソフトウェア開発キット)のプレリリース版が提供されているとのことで、Appleは9月9日のイベントでサードパーティ製のウェアラブルアプリを披露する事を考えている模様。

なお、Appleのウェアラブルデバイスは2015年初めに発売される予定ですが、発売までの時間は開発者がアプリを開発する十分な時間になるとみられています。

[Photo credit:Martin Hajek

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。