「iWatch」の発売、2015年にずれ込む可能性も

9 to 5 Macによると、Apple関連の情報では定評のあるKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iWatch」の発売が2015年に遅れる可能性があると報告している事が分かりました。
toddham_iwatch_all
Appleにとってウェアラブルデバイスは初の試みであり、既存の製品と比較してもシステムの設計や製造が難しい事が遅れの原因とみられており、発売が2015年に延期される可能性があるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。