Apple、「Final Cut Pro 10.1.3」をリリース

本日、Appleが、「Final Cut Pro 10.1.3」をリリースしています。
Final_Cut.512x512-75 今バージョンでの変更点は下記の通り。

  • Blu-ray ディスクまたは Blu-ray ディスクイメージを作成するときの信頼性の問題を修正
  • ほかのクリップからペーストした色補正を共有時にも保持
  • クリップをタイムラインに追加するときに、以前のバージョンの Final Cut Pro のブラウザでそれらのクリップに適用したエフェクトを保持
  • ギャップクリップが使用されている場合に、XML ラウンドトリップの読み込みが正常に機能
  • 自動ライブラリバックアップの信頼性を向上
  • 増加中のファイルをブラウザでスキミングするときの安定性を向上

なお、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Final Cut Pro
価格: ¥28,800

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事