「MacBook Pro (Retina, Mid 2014)」の開封レポート & フラッシュストレージのベンチマーク結果

OWCが、昨日に発売された「MacBook Pro (Retina, Mid 2014)」の開封及びフラッシュストレージに関するレポートを公開しています。
macbookpro2-14
レポートに使用されているのは13インチ/15インチともエントリーモデルとなっており、13インチモデルの128GBフラッシュストレージはSanDisk製、15インチモデルの256GBフラッシュストレージはSamsung製のNANDフラッシュメモリを採用しています。

今年4月に発売された「MacBook Air (Early 2014)」のフラッシュストレージは128GBと256GBがSanDisk製、512GBがSamsung製である事が確認されていますが、これまでの例を見るとSamsung製の方がSanDisk製よりもパフォーマンス良い結果となっており、「MacBook Pro (Retina, Mid 2014)」のフラッシュストレージもシーケンシャルリード/ライトの速度はほぼ同じであるものの、ランダムリード/ライトの性能はSamsung製の256GBモデルの方が良い結果となっています。

<13インチモデルの128GBフラッシュストレージ>

mbpr_13_2014_ssd

<15インチモデルの256GBフラッシュストレージ>

mbpr_15_2014_ssd
なお、本体内部の設計については前モデルから大きく変わらないようです。

[via Apple Insider

関連エントリ

昨日に発売された「MacBook Pro (Retina, Mid 2014)」の一部モデルのベンチマークスコアが明らかに
Apple、新型「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の販売を開始 – 「Haswell Refresh」搭載
「MacBook Air (Early 2014)」の512GBフラッシュストレージは前モデルと同じくSamsung製
「MacBook Air (Early 2014)」のフラッシュストレージ、同じSanDisk製だと前モデルと性能は変わらず

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。