「iPhone 6」のものとされるプリント基板の写真が流出か

本日、フランスのNowhereelseが、「iPhone 6」のものとされるプリント基板の写真を公開しています。
iPhone-6-PCB-01 iPhone-6-PCB-02 4.7インチと5.5インチのものかは不明ですが、下記は今回流出した「iPhone 6」のものとされる基板(上)と「iPhone 5s」の基板(下)を比較してみた画像で、筐体にネジ留めする為の穴の位置が違っている事が分かります。
iphone65spcb また、中国の情報筋の話として、「iPhone 6」の基板は「iPhone 5s」のものより長くなっており、「iPhone 6」のコードネームは”N61”で、ロジックボードにはNFCチップやWi‑Fi 820.11a/cモジュールが搭載されるとも報じています。

関連エントリ
「iPhone 6」の試作機のコードネームは「N61」??

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事