「iPhone 6」の試作機のコードネームは「N61」??

ビデオブロガーのMike Cronin氏が、Apple内部のMediMacと呼ばれる部門の開発者から、電源及びスリープボタンが側面に移動した「iPhone」の試作機のコードネームが「N61」であるとの情報を得たと報じています。
iPhone-6-ecran-bordures-02 そして、歴代iPhoneのコードネームは「iPhone 5」が「N41/N42」、「iPhone 5s」が「N51/N53」である事が過去に報じられており、その流れから「N61」は「iPhone 6」の試作機のコードネームの1つであるとみられています。

ちなみにAppleのMediMacと呼ばれる部門については、過去にSonny Dickson氏がその存在を明らかにしており、MediMacはAppleの社内に存在する小さな部門で、Appleの試作品の開発、テスト、サポートなどの仕事をしており、同部門はAppleの開発段階で最も不可欠な部門の1つであると言われているそうです。

Mike Cronin氏はこの情報をApple社員のふりをして電話で聞き出したと述べているものの、同氏からは過去にこれといった確かな情報が公開された事がなく、信憑性は不明です。

[Photo Credit:Martin Hajek

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事