台湾TSMC、AppleとQualcommからの次世代半導体の受注をサムスン電子に奪われる可能性も

本日、ロイターが、台湾のメディアやアナリストによると、TSMCが、AppleとQualcommからの次世代半導体の受注をライバルのサムスン電子に奪われる可能性があると報じています。
a8chip 14nmプロセスを採用したAppleとQualcomm向けのスマホ用半導体の生産が2015年下期に始まる予定だが、これをサムスン電子が受注する可能性があるとのことで、サムスン電子は既にQualcommとの提携を開始したとの情報もあるようです。

先日、TSMCがAppleの「A8」プロセッサの出荷を開始し、両社は2015年に向けより高度なチップの開発に共同で取り組む事について合意したとの情報がありましたが、どの情報が正しいのかはもう少し見極める必要がありそうです。

関連エントリ
台湾TSMC、Appleの「A8」プロセッサの出荷を開始か

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事