台湾TSMC、Appleの「A8」プロセッサの出荷を開始か

本日、WSJが、台湾のTSMCは、AppleのiOSデバイス向け次世代プロセッサ(A8プロセッサ)を生産を2014年第1四半期(1〜3月)に開始し、同第2四半期(4〜6月)に出荷を開始したようだと報じています。
a8chip 同プロセッサの製造には20nmプロセスが採用され、28nmプロセスを採用している「A7」プロセッサに比べ、1ワット当たりの電力効率や性能がより優れているとのこと。

また、AppleとTSMCは、2015年に向け、より高度なチップの開発に共同で取り組む事についても合意しており、早ければ来年にも16nmプロセスを採用したい考えのようです。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事