Apple、Atlas Wearablesのリードソフトウェアエンジニアを雇用

MacWorldによると、米Appleが、腕時計型のエクササイズパフォーマンス記録計を発表しているAtlas Wearablesのリードソフトウェアエンジニアだった人物を雇用した事が分かりました。
slide-3-h-wristband Appleに雇用されたのはAlex Hsiehという方で、Atlas Wearablesではリードソフトウェアエンジニアを務め、この6月からAppleに入社し、ファームウェア開発者として働いている模様。

Atlas Wearablesの腕時計型活動量計は歩数やカロリーだけでなく、腕立てやスクワットなどの回数も計測可能なエクササイズに特化した活動量計となっており、同氏がAppleで実際にどのような仕事をしているのかは不明なものの、前職の内容から「iWatch」や「iOS 8」のフィットネス関連機能のソフトウェア開発に携わっているものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事