Appleのジョナサン・アイブ氏、数年前から新たな素材に取り組んでいる事を明らかに

MacRumorsによると、Appleのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長であるジョナサン・アイブ氏が、New York Timesによるインタビューの中で、数年前から取り組んだことがない新しい素材に取り組んでいる事を明らかにした事が分かりました。
jony-ive-via-telegraph-co-uk また、この新しい分野はティム・クックCEOの主導のもとで開発が進められているようですが、具体的な内容は明らかにされておらず、「iWatch」や「iPhone 6」に採用されると噂されているサファイアガラスや「SIM取り出しツール」に採用されているリキッドメタルなどが予想されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事