「Mac Pro (Late 2013)」を「OS X 10.9.3」にアップデートするとGPU関連で様々な不具合が発生か

9 to 5 Macによると、「Mac Pro (Late 2013)」を先日リリースされた「OS X 10.9.3」にアップデートすると、「Adobe Premiere Pro」や「Blackmagic DaVinci Resolve」といったビデオ編集アプリとの互換性に不具合が発生したとの報告が相次いでいる事が分かりました。


報告されている問題は、書き出した動画にピンクと緑のラインが表示されたり、アプリがクラッシュしフリーズするといったもので、AMD D700やAMD D500のグラフィックカードを搭載したモデルで報告されているようです。

なお、現在のところこれら問題を解決する方法はないようですが、AppleやAdobeは同問題を認識し、調査している事を明らかにしており、次期アップデートで修正されるものと予想されます。

また、「OS X 10.9.3」にアップデートすると、「Mac Pro (Late 2013)」でマルチモニタが使えなくなるといった不具合も報告されています。

[Thanks! Yasuさん]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事