「MacBook Air (Early 2014)」の128GBモデルのフラッシュメモリは東芝製も存在している事が明らかに

これまで「MacBook Air (Early 2014)」のフラッシュストレージ(SSD)は128GBと256GBはSanDisk製、512GBはSamsung製のNANDフラッシュメモリを採用している事が確認出来ていますが、本日、128GBモデルのフラッシュストレージには新たに東芝製のフラッシュメモリが採用されている事が確認出来ました。
macbookair2014mid
本日、ITmediaが、「MacBook Air (Early 2014)」のベンチマークテストレポートを公開しており、その中で使用している128GBモデルのフラッシュストレージの型番が「TS0128F」となっていて、頭文字の”TS”は東芝を示している事から東芝製であることが確認されました。
(画像などはITmediaへどうぞ)

そして、その東芝製フラッシュメモリのパフォーマンスについては読み込み速度が676MBps、書き込み速度が333.1MBpsと、SanDisk製と似たような性能となっています。

なお、東芝製フラッシュメモリに関しては「Mid 2012」モデルでも採用されていました。

関連エントリ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。