Apple、アリゾナの工場から中国へサファイアの出荷を開始

本日、9 to 5 Macが、米Appleと結晶成長装置を手がける米GT Advanced Technologiesが提携して建設したアリゾナ州の新工場から、中国のサプライヤーに対しサファイアの出荷が開始されたようだと報じています。
Sapphire 出荷量はまだ少量であるものの、中国のAppleのパートナーに対しサファイアの出荷が開始されたようです。

現在の「iPhone 5s」では、カメラのレンズ部分とホームボタンにサファイアガラスが採用されていますが、次期iPhoneこと「iPhone 6」ではディスプレイ全面にサファイアガラスを採用するとの噂があり、更に「iWatch」にも採用されるのではないかとの噂もあります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事