Amazonのスマートフォンは本体の傾きで操作する独自のジェスチャーコントロール機能を搭載か

予てから噂されているAmazonのスマートフォンは前面に4つの低電力赤外線カメラを搭載し、裸眼3Dを実現すると言われていますが、先日に同スマートフォンの試作機の写真をリークしたBGRがまた新たな情報を公開しています。
bgr-a-phone-1 複数の信頼出来る情報筋によると、Amazonのスマートフォンは4つの低電力赤外線カメラやセンサーを利用して独自のジェスチャーコントロールが利用可能で、ユーザーは画面をタップするのではなく、本体を傾ける事により様々な情報を表示させる事が可能になるとのこと。

その一例として、通常時は各アプリのアイコンにはラベルが表示されないものの、僅かに本体を傾ける事によってアイコンの下にラベルを表示する事が出来たり、地図アプリでレストランなどを検索した後に、傾けるとYelpの評価情報を地図上に表示する事が出来たりするようです。

また、Amazonのスマートフォンのアプリにはメニューボタンなども搭載されておらず、本体を傾ける事によってメニューや様々な機能にアクセス出来るようになるそうです。

他にも、リアカメラには、自動的にテキストを認識するOCR機能も搭載されており、名刺の情報を連絡先に登録したり、撮影した文書を翻訳する機能なども搭載される模様。

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事