米Apple、「アースデイ」に合わせ世界各国の新聞にも一面広告を掲載

本日、Appleは地球環境を考える日「アースデイ(Earth Day)」に合わせ、直営店のAppleロゴの一部を緑に装飾したり、スタッフもグリーンのTシャツを着るといったプロモーションを実施していますが、世界各国の新聞にも一面広告を掲載しています。

DSC02874
▲クリックにて拡大

上記画像は日本の日本経済新聞に掲載された一面広告で、「すべての企業に真似してほしいアイデアがあります。」とのキャッチコピーと共に「Appleの考えるアイデアを、他の企業にも積極的に取り入れてもらいたい分野があります」から始まる文章でAppleの環境保護に関する考えを説明しており、このキャッチコピーなどは特許裁判で争っているSamsungを揶揄しているのではないかとも言われています。

なお、Appleは他にもドイツフランスなどでも同様の広告を掲載しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事