Nike、「Fuelband」に関する報道を一部否定 ー 販売及びサポートは”当面の間”は継続

本日、Nikeが、リストバンド型活動量計「Fuelband」の開発を担当するチームの大半を解雇し、同事業から撤退するようだとお伝えしましたが、その後、同社がこの報道の一部を否定した事が分かりました。
1682588-inline-inline-2-the-first-fuelband-prototype-nike-ceo-mark-parker-ever-saw Re/codeによると、Nikeの広報は、今後も「Nike+ FuelBand」アプリの改良や、新たなカラーモデルの発表、「Nike+ FuelBand SE」の販売及びサポートは当面の間は継続するとの見解を明らかにしたそうです。

ただ、デジタルスポーツ部門で少人数を解雇した事については認めており、コメントの内容から即時撤退する事はないものの、次期モデルの発売に関してはあまり期待出来なさそうです。

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事