Apple、オレゴン州プラインビルに建設中のデータセンター用として水力発電事業を引き継ぐ

米Appleは米オレゴン州プラインビルに新しいデータセンターを建設中ですが、Appleがそのデータセンター用として同地域の小規模の水力発電事業を引き継いだ事が分かりました。
2014-04-13_0712 同水力発電所事業はEBD Hydroという企業が所有していたもので、用水路を使った水力発電で3〜3.5メガワットの電気を発電可能で、Appleが引き継いだものの、既に完成しているのかどうかは明らかになっていません。

なお、Appleの公式サイトでも同データセンターでは風力発電、太陽光発電に加え、マイクロ水力発電(用水路水力発電)の電力を利用する事が以前より案内されています。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事