「iPhone 6」でのディスプレイ大型化は確実か?! そのことを示唆するAppleの内部資料が明らかに

先日からAppleとSamsungの特許に関する裁判に伴い、様々な過去の内部データが公開されていますが、Re/codeによると、今度はAppleが2013年に作成した2014年会計年度(2013年10月〜2014年9月)の計画に関するスライド資料が公開され、Appleは消費者がより大型のディスプレイを搭載し、より安価なスマートフォンを望んでいる事を認識している事が分かりました。

その資料の一部が下記画像ですが、この一連の資料は「iPhone」の成長が鈍化している事とその要因などをまとめたものとなっており、まず1枚目は成長鈍化をグラフに表したもので、2枚目はその要因を「消費者」「通信キャリア」「競合他社」の3つの項目で分析しており、3枚目となる「顧客は我々(Apple)が持っていないものを望んでいる」とのタイトルが付いたスライドで、「iPhone」の成長(販売台数)を持続させる為には4インチ以上のディスプレイや300ドル以下のスマートフォンが必要と書かれています。
apple-percent whatsgoingon donthave 予てから次期iPhoneこと「iPhone 6」は4.7インチと5.5インチになると言われていますが、この資料からApple側が大型ディスプレイの必要性を認識しており、「iPhone 6」でのディスプレイ大型化の流れは確定なのかもしれません。

[via iDownload Blog

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事