Apple、「iWork for iOS」の各アプリをアップデート

本日、Appleが、iOS向け「iWork」の各種アプリをアップデートしています。
Pages 各アプリのアップデート内容は下記の通り。

Pages 2.2

・新しい“表示のみ”設定により、ほかの人に見せたいけれど編集してほしくない書類の共有が可能
・書類を名前で検索
・読み込み時に表セル内のインラインイメージおよび図形を保持
・挿入/ペーストされたオブジェクトをより適切に配置
・アラビア語とヘブライ語の新しいテンプレート
・双方向テキストのサポートの向上
・ヘブライ語の単語数表示
・ePubの書き出し機能の向上
・バブルチャートラベルのZオーダーを制御
・操作性の向上

Numbers 2.2

・新しい“表示のみ”設定により、ほかの人に見せたいけれど編集してほしくないスプレッドシートの共有が可能
・スプレッドシートを名前で検索
・計算の進行状況インジケータ
・バブルチャートラベルのZオーダーを制御
・CSV読み込み速度の向上
・Microsoft Excelとの互換性の向上
・操作性の向上

Keynote 2.2

・プレゼンテーション中にスライド上で指を使ってポインタを表示
・新しい“表示のみ”設定により、ほかの人に見せたいけれど編集してほしくないプレゼンテーションの共有が可能
・発表者ディスプレイで新しい縦方向レイアウトオプション
・プレゼンテーションを名前で検索
・新しいトランジションとビルド:オブジェクトリボルブ、ドリフトと拡大縮小、スキッド
・バブルチャートラベルのZオーダーを制御
・PPTXフォーマットに書き出す
・プレゼンテーション読み込みの詳細なフィードバック
・アニメーションパフォーマンスの向上
・双方向テキストサポートの向上:テキスト、リスト、表の方向切り替え
・操作性の向上

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事