“あとで読む”サービスの「Pocket」、iOS/Android向け公式アプリが日本語に対応

本日、「あとで読む」サービスの「Pocket」がiOS向け公式アプリをアップデートし、新たに日本語にも対応した事が分かりました。
Pocket 同サービスは、Web上で見つけたテキストや画像、ビデオなどを一時保存してあとで読んだり見たりする事ができるサービスで、ようやく日本語に対応した事になります。

なお、Android向け公式アプリも同時に日本語に対応しましたが、Mac向けアプリはまだ日本語には対応していません。

Pocket (Formerly Read It Later)
価格:無料 (記事公開時)


[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事