中国のゴーストタウンにジョブズ氏のモニュメントが設置されていた事が明らかに

中国の内モンゴル自治区オルドス市にあるカンバシ新区は100万人都市を目指したものの、石炭価格の暴落などによりゴーストタウンと化してしまった事で有名ですが、そのゴーストタウンにスティーブ・ジョブズ氏が亡くなった後に話題になったジョブズ氏の横顔がデザインされた林檎マークのモニュメントが設置されている事が分かりました。

林檎マークにジョブズ氏が融合した画像と、カンバシ新区にあるモニュメントの写真が下記画像で、なぜこんなところにこのようなモニュメントが設置されたのかは不明です。
jonathan 11967171683_273d2ea9ca_b-640x426  【image source:Darmon Richter

なお、このゴーストタウンの写真はこちらこちらに多数掲載されているので、是非ご覧下さい。

[via Cult of Mac

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事