「iPhone」や「iPad」に任意のフォントを追加出来るアプリ「AnyFont」

脱獄などしなくても「iPhone」や「iPad」に任意のフォントを追加出来るアプリがApp Storeでリリースされました。
名称未設定-5 その名も「AnyFont」というアプリで、このアプリを使用して任意のフォントを追加すると、「Pages」や「Keynote」などでそのフォントが利用可能になります。
(注:システムフォントは変更出来ません)

フォントは「otf形式」と「ttf形式」に対応しており、使用方法は下記の通り。


1,iTunesから「AnyFont」アプリにフォントファイルを転送
(注:フォントファイルのファイル名には日本語は含まないように)
(備考:この方法以外にDropboxやメールでの転送も可能です)


2,「AnyFont」アプリを起動し、1で転送したフォントをタップ

3,下記画像の画面になったら画面真ん中をタップ

4,下記画像の通り、インストールを続けて2回タップし完了

「iOS」のシステムフォントを変更出来る訳ではない事から使用する場面は限られてきますが、以上の操作を繰り返す事によって好きなフォントを幾らでもインストール可能です。

なお、今回の記事に使用した無料日本語フォントは下記リンク先よりダウンロード可能です。

 ・漢字が使える!全部無料!日本語フォント41個【2013年最新版】
 (Find Job !)


AnyFont
価格:¥200 (記事公開時)



[via Cult of Mac

 
 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事