「OS X 10.9.2」でメールアプリが起動時にクラッシュする不具合

昨日にリリースされた「OS X 10.9.2」では“メール”アプリで一部のプロバイダから新規メッセージが取得できない問題が修正されましたが、9 to 5 Macによると、一部ユーザーから「OS X 10.9.2」へアップデート後に”メール”アプリを起動するとクラッシュするなど安定性に関する問題が新たに報告されている事が分かりました。


ある報告によると、メールアプリを起動するとレインボーカーソルが回ったままで動かなくなり、その状態から抜け出すには強制終了を行わなければならないそうで、Gmailのアカウントを停止させる事で正常に動作するようになるとのこと。

なお、この問題の一つの原因としてIMAPアカウントの破損が挙げられており、問題のアカウントを一度削除し、再度新たに設定し直す事で問題が解決したとの報告もあるようです。

追 記
その後頂いたコメントによると、ウェブブラウザでGmailを開き、設定のラベルの項目に記号”/”があれば削除する事でクラッシュが直ったとの報告もあります。

[Thanks! Frederick Cheungさん]

 

関連エントリ


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事