Foxconn、サファイヤガラスをカバーガラスに採用した「iPhone」を試作か?!

Appleは「iPhone」のディスプレイのカバーガラスにサファイアガラスを採用すると噂されていますが、Apple Dailyによると、Appleの製造パートナーであるFoxconnが、サファイアガラスをカバーガラスに採用した「iPhone」の試作を行った事が分かりました。


そして、その試作台数は少なくとも100台と言われてす。

サファイヤを使用する事で製造プロセスがより複雑になると言われており、実際に次期iPhoneにサファイア製のカバーガラスが採用されるのかは不明ですが、MacRumorsによると、Appleは新しいサファイア切断機を入手する為にスイスのMeyer Burger Technologies社に接触していたとの未確認情報もあるそうで、先日には同社がサファイアガラスに関する特許を取得していた事も明らかになっています。

なお、既存の「iPhone」にはカメラレンズ部分とTouch IDにサファイアガラスが採用されています。

[via Apple Insider


関連エントリ





スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事