「iPhone 6」の製造、台湾のPegatronが半分を受注か?!

本日、Appleの「iPad mini」や「iPhone 5c」の組み立てを請け負っている台湾のPegatronが、「iPhone 6」の全供給量の半分を製造する契約を獲得する事になっているようだとLiberty Timesが報じています。

【image source:iPhone Soft


残り半分の製造をどこが請け負うのかについての情報はないものの、Foxconnになるものと予想されており、Pegatronは中国江蘇省昆山に新工場を設立する予定で、この新工場は今年中頃に稼働を開始する為、「iPhone 6」の製造を行うのではないかとみられています。

[via MacRumors

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。