米Apple、連写カメラアプリ「SnappyCam」の開発元であるSnappyLabs社を買収

MacRumorsによると、米Appleが、iPhone向け連写カメラアプリ「SnappyCam」を開発していたSnappyLabs社を買収した事が明らかになりました。


「SnappyCam」は写真を1秒に最高で30枚撮ることができる連写カメラアプリで、同アプリは去年末で既にApp Storeから削除されており、買収金額などの詳細は不明とのこと。

また、Appleからはまだ公式なコメントは得られていないようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事