「Final Cut Pro 10.1」は旧Mac ProでもデュアルGPU環境時のパフォーマンスが向上

先日リリースされた「Final Cut Pro 10.1」は、変更点として「Mac Pro (Late 2013)」でデュアルGPUを利用する際の再生及びレンダリングエンジンが最適化されると案内されていましたが、BareFeatsによると、「Final Cut Pro 10.1」は旧Mac ProでもデュアルGPU環境時のパフォーマンスが向上している事が分かりました。


テストに使用された「Mac Pro」の仕様は下記の通りで、GPUの「Radeon HD 7970」がシングルの時とデュアルの時での「Final Cut Pro X 10.1」のパフォーマンス比較テストの結果がその下のグラフとなっており、「Final Cut Pro X 10.0.9」ではシングルでもデュアルでもパフォーマンスに差はなかったものの、「Final Cut Pro X 10.1」ではデュアル時のみ大幅にパフォーマンスが向上している事が分かります。

 [ テストに使用されたマシン:Mac Pro (Mid 2010)]
   ・3.33GHz (6コア)/24GB RAM/OS X 10.9.1/Radeon HD 7970



【image source:BareFeats

なお、「Final Cut Pro X 10.1」と同じ改善点が案内されている「Motion 5.1」でもテストしてみたところ、デュアルGPU環境時のパフォーマンスが向上していた事が分かったそうです。

【image source:BareFeats

Final Cut Pro
価格: ¥28,800



Motion
価格: ¥5,000




関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事