Samsung、2015年発売の次世代iPhone向けプロセッサの製造でAppleと契約か?!

DigiTimesが、Appleのサプライチェーンの情報筋によると、Samsungは2015年に発売される次世代iPhone向け”A”シリーズプロセッサを14/16nmのFinFETロセスを採用して製造する事でAppleと契約を結んだようだと報じています。


2014年のiPhoneシリーズ向け”A”シリーズプロセッサには20nmプロセスが採用され、TSMCが主要な製造元になるとみられており、Samsungが一部を受注する可能性もあるとのこと。

また、2015年のiPhoneシリーズ向け”A”シリーズプロセッサは、TSMCが60〜70%を供給し、Samsungが残りの30〜40%を供給すると言われているようです。

なお、似たような情報は過去にも出ています。
(関連エントリ参照)


関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事