米国のApp Storeのアプリ数が100万本を突破

Appleは10月に開催した「iPad Air」発表イベントにてApp Storeのアプリ数が100万本以上に達している事を明らかにしていましたが、MacRumorsによると、米国のApp Storeのアプリ数が100万本を突破した事が分かったそうです。

これはアプリケーション検索共有サービスを提供しているAppsfireのデータによるもので、同時にApp Storeのアプリの新着や価格動向を調査しているAppShopperのデータも1,006,455本と100万本を突破しています。

なお、米国で提供されていても日本では提供されていないアプリも多数あったりとApp Storeのアプリ数は国ごとに少し違っています。

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。