「iOS 7.0.4」では「iPad 2」でのパフォーマンスも改善か?!

11月半ばにリリースされた「iOS 7.0.4」では「FaceTime」の不具合や「iCloud Keychain」の改良、App Storeの脆弱性の修正などが行われている事が明らかになっていますが、Technology tellによると、旧型のiOSデバイスでのパフォーマンスも改善されている事が分かりました。


パフォーマンスの改善に関してはユーザーの使用環境などにもよると思いますが、Technology tellでは劇的ではないものの、「iPad 2」を「iOS 7.0.4」にアップデートしたところパフォーマンスが改善し、アプリ切り替え時などがよりスムーズになったそうです。

これが同じ旧機種の「iPhone 4/4S」などでも同じなのかは不明ですが、「iOS 7.0」より「iOS 7.0.4」の方がパフォーマンス面の微調整が行われ、改良されているものと予想されます。

【関連エントリ】
 ・「iOS 7.0.4」ではApp Storeの脆弱性も修正されていた事が明らかに
 ・「iOS 7.0.4」では「iCloud Keychain」の改良も行われている模様
 ・Apple、バグを修正した「iOS 7.0.4」をリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事