「OS X Mavericks」には環境光センサーがユーザーの気配を検出しスリープを防ぐ機能が搭載されている?!

The Vergeによると、「OS X Mavericks」ではMacの環境光センサーを利用して人の気配を検出し、実際に操作していなくてもユーザーがMacの前にいる時はシステムがスリープしないようにしてくれるようになっている事が分かったそうです。


この機能は当初カメラを利用しているものとみられていたものの、The Vergeでは「OS X Mavericks」を搭載した2台のラップトップで実際にテストした結果、環境光センサーによってスリープモードまでの時間を遅らせる事が出来たそうです。

ちなみに私自身も何度か試してみましたが、実際にはまだ確認出来ていません(汗)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事