DisplayLinkディスプレイ使用環境で「OS X Mavericks」にアップグレードすると様々な不具合が発生する模様

9 to 5 Macによると、DisplayLinkのUSB接続ディスプレイを使用している環境で昨日にリリースされた「OS X Mavericks」へアップデートすると、一部アプリを使った際に画面が激しく点滅する不具合などが報告されている事が分かりました。

点滅問題が発生するアプリの一例はSafariやQuickTime、App Storeなどで、一部アプリではウインドウの更新時に表示内容がおかしくなる問題も発生するとのこと。

なお、現在のところこれらの不具合の解決法はなく、Appleがアップデートで修正してくれるのを待つしかないようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。