Retinaディスプレイを搭載した次期iPad miniの発売は遅れる見通し

Business Insiderによると、Cantor FitzgeraldのアナリストであるBrian White氏が、台湾と中国のサプライチェーンの話を聞いた結果、Retinaディスプレイを搭載したiPad miniは10月に発売されそうにないと報告しているそうです。


同氏は次期iPad miniはシャープのIGZOパネルを採用したRetinaディスプレイを搭載すると予想しており、その理由は生産能力に限りがある為とのこと。

先日にロイターも次期iPad miniのRetinaディスプレイ搭載モデルの発売は来年にずれ込むかもしれないと報道していましたが、あまり早い時期の発売を期待しない方が良さそうですね。

【関連エントリ】  
 ・次期iPad miniのRetinaディスプレイ搭載モデル、生産遅れにより発売がずれ込む可能性も

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事