次期iPad miniのRetinaディスプレイ搭載モデル、生産遅れにより発売がずれ込む可能性も

本日、ロイターが、複数の関係筋によると、次期iPad mini向けのRetinaディスプレイの生産が遅れている事から、次期iPad miniは年内は限定的な販売にとどまるか、発売自体が来年にずれ込む可能性が出てきたと報じています。

Retinaディスプレイの生産遅れの原因は正確には分かっていないものの、液晶メーカーが省電力化などAppleの厳しい基準をクリアする事に難航した為との情報があるそうで、次期iPad mini向けRetinaディスプレイの供給メーカーは、LG Display、Samsung Display、シャープになる見込みとのこと。

また、Appleは次期iPad miniで現行と同程度の解像度のディスプレイを搭載したモデルも投入する計画で、ストレージ容量は8GBが検討されており、新興国市場などをにらんで低価格化を実現するものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。