Microsoftの幹部、サイズ違いなど複数のモデルの「Surface」を開発している事を明らかに

以前よりMicrosoftは7〜8インチの「Surface Mini」を開発中と噂されていますが、The Vergeによると、米シアトルにあるMicrosoft Storeで行われた「Surface 2」のデモイベントで、同社のSurfaceの開発責任者であるPanos Panay 氏が、将来的に現行の10.6インチとは違うサイズなど複数の新しい「Surface」の開発に取り組んでいる事を明らかにしたそうです。


同氏は「Surface Mini」の質問には答えなかったものの、複数のサイズとアスペクト比のSurfaceの開発に取り組んでいる事を明らかにし、更に「Surface 2」のLTE対応モデルは来年初めに米国と欧州でリリースする予定である事も明らかにしました。

なお、LTE対応モデルは「Windows RT 8.1」を搭載した「Surface 2」でのみリリースされ、「Surface Pro 2」では用意されない事も明らかにしています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事