「iPad (第5世代)」は「iPad mini」と同じフィルムベースのタッチパネル技術を採用へ

The Wall Street Journalが、問題に精通した関係者らによると、Appleは次期iPadにiPad miniと同じフィルムベースのタッチパネルを採用する予定だと報じています。

以前より次期iPadはタッチパネル技術にフィルムベースの「GF2(GF DITO)薄膜式」を採用すると言われており、これは現行のガラスベースのタッチパネルよりも薄く軽い為、次期iPadでの更なる薄型軽量化が可能になります。

【関連エントリ】
 ・次期iPadは「GF2」タッチスクリーン技術を採用へ
 ・Apple、「iPad」に搭載するタッチ技術を「GF2 薄膜式」に統一し、次期iPad miniを7〜9月に発売か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。