Appleのティム・クックCEOとオッペンハイマーCFO、今秋以降の多数の新製品投入を示唆

本日、米Appleが同社2013年第3四半期(4〜6月)の業績を発表しましたが、その発表のプレスリリースの中でティム・クックCEOが「我々はこの秋から2014年にかけて発表するすばらしい新製品群に集中している」と述べています。

また、同社のピーター・オッペンハイマーCFOも発表の際の質疑応答で「非常に忙しい秋になる」と述べ、更に「10月により詳しい部分に踏み込んでいきたい」と明らかにしており、今秋以降に様々な新製品が立て続けに導入される事が予想されます。

更に、「iOS 7」でのサポートに向け開発が進められている「iPhone」と自動車の連携機能である「iOS in the Car」については、同社のエコシステムにとってとても重要な一部である事も明らかにしています。

[via ITmedia / MacRumors /

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。