HopStop、Appleに買収された後にWindows Phone向け公式アプリの提供を終了

先日、米Appleが乗換案内サービスを提供する「HopStop」を買収した事が明らかになりましたが、この買収後にHopStop社がWindows Phone向け公式アプリの提供を終了した事が分かりました。


現在は「Windows Phone Marketplace」から削除されており、Appleは過去にもモバイルアプリ検索サービス「Chomp」を買収した後にAndroid向け「Chomp」公式アプリの提供を終了した経緯があります。

なお、現在のところ「HopStop」のAndroid向けアプリはまだ提供されているようです。

[via iDownload Blog

【関連エントリ】
 ・Apple、ナビゲーションスタートアップのHopStop社を買収
 ・Apple、「Chomp」のウェブサイトを閉鎖し、公式アプリの提供も終了

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事