ソフトバンク、本日よりサービスを開始した「SoftBank HealthCare」の専用アプリをリリース

本日、ソフトバンクモバイルがスマートフォン向けの新サービス「SoftBank HealthCare (ソフトバンク ヘルスケア)」の提供を開始したのに合わせ、App Storeで同サービスの専用アプリ「SoftBank HealthCare」の配信を開始しています。

同アプリを利用する事で、活動データの管理や5つの指標(体力・抗齢力・意識力・継続力・美力)で体の状態を分析、将来の顔の予測表示、健康相談、睡眠計測などが行えます。


なお、アプリは無料ですが、利用するにはソフトバンクモバイルから提供される健康機器(FitBit Flex)が必要となっていますのでご注意を。

SoftBank HealthCare
価格:無料 (記事公開時)



【関連エントリ】
 ・ソフトバンクモバイル、スマホ向け新サービス「SoftBank HealthCare」の提供を7月18日より開始

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事