「廉価版iPhone」の価格は予想より高額に?!

昨日、台湾のPegatronがAppleの「廉価版iPhone」の受託生産を受注し、今月中に150万台出荷するとの情報がありましたが、そのPegatronの童子賢会長が19日に開催された株主総会にて、「廉価版iPhone」の価格について『その製品の価格は、結構高額だ。(廉価版でなく)適正価格版と呼ばれるべきだ』と述べた事が明らかになりました。


「廉価版iPhone」については「ローコスト版iPhone」とも呼ばれていますが、予想より高いのでしょうか?

[via EMSOne

【関連エントリ】
 ・「iPhone 5S」と「廉価版iPhone」の図面が流出か?!
 ・台湾Pegatron、「廉価版iPhone」を今月に150万台出荷か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事