台湾Pegatron、「廉価版iPhone」を今月に150万台出荷か?!

最近の情報では「廉価版iPhone」の受託生産は台湾のPegatronが受注したと言われていますが、EMSOneによると、Pegatronは今月に150万台の「廉価版iPhone」を出荷するようだと工商時報が報じているそうです。

(image source:Tactus)

また、2013年第3四半期(7〜9月)の出荷台数は1500万台になるとのこと。

先日の情報では出荷開始は8月とのことでしたが、もし本当に今月中に150万台出荷されているとなると、7月にも何らかの発表が行われる可能性が高そうです。

【関連エントリ】
 ・「廉価版iPhone」用のケースの写真?!
 ・「iPhone 5S」は3色、「廉価版iPhone」は5色展開に?!
 ・次期iPad miniと廉価版iPhoneの生産はPegatronが受注し、8月より出荷開始か?!
 ・「廉価版iPhone」は8月発売か?!
 ・廉価版iPhoneの組み立ては主にPegatronが受注か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事