Apple、「iPhone」への超薄型ヒートパイプの採用を検討か?!

DigiTimesが、冷却モジュールメーカーの情報筋によると、AppleやSamsungやHTCがスマートフォンに超薄型ヒートパイプを採用する事を検討しており、早ければ2013年第4四半期(10〜12月)にもヒートパイプを採用したモデルが発売されるようだと報じています。


既にNECが直径0.6㎜のヒートパイプを採用した「MEDIAS X N-06E」を発売しているそうですが、これら超薄型ヒートパイプの生産歩留まりは30%と低く、メーカー各社は生産歩留まりを改善する事に取り組んでいるとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事